yomayt’s blog

観に行った舞台関連とか

自然災害でも公演するのって。

次回は海外遠征珠海編を更新する予定でしたが
思うところありましたので表題の件について率直に綴ります

こんな状況でも公演ってやっちゃうんですね。

チケットもってないからそんなこと言えるんだろって思われそうだけど

当事者じゃないからこんなこといえるのかもだけど

仮に、もし自分がチケットをもっていたとしても、
正直なところやってほしい半分、やめてほしい半分、です。


なんでかっていうと余震で事故がおきたら怖いから


万が一演じる側作る側、お客さん、だれかひとりだって怪我人がでたら今後公演ができなくなる可能性がある。


でもおきるかどうかわからない余震のために中止にするのも、って いう考えもわかるし、それが1公演とるのも難しくて貴重な公演ならなおさら、1回でも多くの人に観て貰える機会を大事にしてほしいし
あ、それを考えるのならば、だいじをとることのがこの先のことを考えている事にもなるのかな

考えれば考えるほどなにがいちばん最良なのかよくわからない。


各種交通機関が麻痺しているほど状況が酷いのにもかかわらず決行してしまうのか。っていうのもあり(だってみんなこれないじゃん)

いやでも私自身、台風や大雪でひどいとき&これから酷くなるのをわかりきっているのにもかかわらず会場に足をはこんだことなんて何度もある。


だってやるって言ってるから。公式が。


中止にしないっていわれたら、こっちはなにがなんでもいくしかない。

やるんだもの。


自己判断だから自分の身になにがおこったって自分の責任だけど。


あとさきどうなるとか考えないわけじゃないけどやっぱり観ることを最優先にかんがえちゃうイキモノなんだよね

だけど、楽しい気持ちになるための娯楽に、危険を伴うのを承知でいくのって、それって、どうなのかなあ…ひたすら自問自答する。

とにかくなにごともなく終わりますようにとしか、いえない。