yomayt’s blog

観に行った舞台関連とか

原作未勉強で2.5舞台を観た話

ここをご覧になってる皆さんはある程度の舞台観劇をされたことがあると思うんだけど
原作がある舞台を初めて観る時、その原作の勉強はされるでしょうか?

あ、さきにいうけど原作の勉強をするか否かについての是非を問うつもりはないです。

よくツイッターとかでね「原作しらないのに観にこないで!」とか言ってる人いるけどねこういうのってチケットがとれない作品の時に多くて、席余ってる作品だと手のひらかえして誰でもいいから楽しいよ~観にきて~なんていうもんだから状況によりけりだよなあ。

わるくちがかきたいんじゃない

私も昔おもってたよ、原作知らない人が席埋めるなら作品愛が強い人が座って 欲しいなって。


とれにくい舞台の時にはね。


でもわかんないよね作品愛なんて見えるもんじゃないし

それに作品知らなくても役者目当てで観に行くのもアリだなって思うしどんな姿勢だろうと観に行く人の自由だし、その舞台楽しんでくれりゃいいじゃん?て思うのだけど。



ところで、わたしは2.5舞台自体が「原作を知っている人が観る」を前提につくられているものが殆どじゃないかな。とおもう
そこに配役された役者のパーソナリティは存在しない。


もちろん初めて観る人にも話がわかるように配慮はある程度されているのだけど、原作を知っていて観ていても、(これ知らない人が観たら内容わからないんじゃないかな)て思うようなのが、自分のみてきたものはほとんどだった。

知っていれば気持ちが高揚する演出も知らないと、???とか見過ごして終わってしまう。まあこれは仕方ないか。



あ、こんなこと書くと事前勉強推奨してるようになるかな


でもね、「知らない」って一生に1度しかない、ある意味財産みたいなもんなんですよ



「知って」しまったら「知らない」にもどれない。

「ネタバレ」を嫌う人ならわかるとおもう「知らない」状態がいかに尊い

だからこそその「知らない」状態を有効活用してほしいと思う

「知ってる」状態で観ることなんてね公演期間中チケット取れさえすればいくらでもできるんだよ

前述のとおり私は「知らない原作モノは勉強してから観るもの !」みたいにおもってた頃があって、なるべく原作調べたりアニメみたり少しは知識入れて勉強してからにしていたんだけど、
(それは内容わからない、て経験するのが嫌だったからかもしれないけど)


ある日まったく作品を知らない、それもアニメ原作舞台のチケットをとったときふと


私この作品本当になにも知らない。物語もアニメの絵も声優さんも。ついでにいうと演じる役者さんも知らない子たくさんいる。



この状態で観に行ったらどうなるんだろう?



もともとアニメは見る予定で手元にあったのだけど、せっかく初日、中日、楽、と手元にチケットが複数あったし、やってみようとおもった。


初日に何も知らない状態で観て、次観るまでに原作を勉強して観てみよう!


2.5舞台を作る人たちからしたらちょっと失礼かなともおもった。


原作のイメージを壊さないために細部にわたりキャラクターや世界観を勉強して表現してくる。
並々ならない作品へのリスペクト、熱意、それに応えないことになるのではないかとも



でもなあ、これ2.5あるあるだと思うんだけど、

原作知ってると観る前から作品に対して先入観もっちゃうの


たとえば声優に声が似てるか、
あのシーンの表現はどれだけ原作よりにしてるか
キャラクターのイメージをそこなってないか


原作原作、げんさく。


なんでも原作というバイブルにそっているかを気にしてしまって、
「舞台」というひとつの作品、原作とは別個のものであることを最初から認めつらい状況に自らなっていやしないだろうか。


私は原作そのままっていうのは勿論好きだし、

いっぽう「作品として成り立つ」のであれば多少のアレンジも全然OKなので
※作品として成り立つのであれば、ね。←大切なので2回いうよ。昨今の実写とかの内容改変はモ
ノによりけりと思ってるよ


話もどすけど。まあ要するに自分に先入観をうえつけない状態で観に行ったわけですよ。
ストーリーもほとんどしらべずに。



率直にいう。



めっちゃ面白かった。


もともと原作が素敵だったてのもおおいにあるんだけど、余計な情報がはいってこない。

入ってくるとしたら、せいぜい自分の知っている役者が出たときに

ああ、○○さんだ~。どんなキャラなんだろ。

ってくらい。

とても舞台として集中して観れたし、新鮮だった。

帰宅したら即アニメを観て、キャラの設定を調べて、こうだったのか!とか自分の率直な疑問や気づいたところをすりあわせして、


2回目、知識は万全の状態で観に行ったら



ぜんっぜん違う。


それぞれがどうやってお話にキャラに似せよう、沿わせようとしてるとか、
脚本もアニメをそのまま舞台化するのは尺的に難しいからどうやってうまくまとめようとしていたのかとか。

考えながら観ることができて
初見とはぜんぜん、全く違った視点でとらえながら観ることができてめっちゃ面白い。


初見は舞台としてとらえた作品が2回目は舞台としても、アニメ原作モノとしても
楽しむことができた


これアニメ先に観てたら純粋に舞台として観れなかったかもしれない。


いや~~~たのしかったわ~~って思いながら円盤予約した。



でもこれって作品と自分の好きなものの相性がよかったから成り立ったのではと思う。

どんなにいい舞台でもまわりが楽しいって言っても自分にあわないときってある。



あと、舞台作ってる人たちが舞台単体としてみてもお話に未回収がないように綺麗にまとめてくれて
たという点も。



そう、未回収。

原作を知っていないと腑に落ちない話。

最初にも書いたけどねやっぱり、原作ありき!知ってて当然!てつくられてる舞台ってとりわけ2.5には 多い気がする。 

そして本当は内容、説明不足してるのに、それを回収しないまま幕がとじる。でも原作しってりゃまあなんとかなる、みたいな。

だから

賭けみたいなもんだった。
今回私は何も知らないで観に行って、理解できなくても、それでもいいと思った
。複数回入る予定だったし、それもまた経験かなと思った。



運がよかったのかもしれない。




だから今回みたいな私の行動をみんなやって~~!っていうことはしないけど、

こういう楽しみ方もあるんですよ、ってただそれだけ。



でもいろんな考えの人がいると思うから、どの舞台でそれをやったかはあえて書かないでおくね



そういえばたまにだけど、「原作知らないけどたのしめた~」っていうひといるよね。
あれって誉め言葉みたいにつかうひといるし、実際演者もあれを喜んでる人もいたりする
(そしてチケが取れない舞台だとそれが原因で炎上したりする)なあってこれかいててふとおもっ